肝臓の数値を下げる運動

肝臓の数値が高いとどうなるかに関してですが、そもそも肝臓の数値にはいくつかの種類があります。
そしてそれぞれ、意味するところが異なっています。

 

よって肝臓の数値が高い場合でも、どの数値が高いのかによってそれが意味するところ、どうなるのかと言うところは変わってきます。

 

ただしいずれにしても、これらの数値は肝臓が担っている機能や状態を示している数値です。
よってそれらの数値が高いと言うことは、肝機能が低下している、あるいは肝臓の状態があまり良くない状態にあると判断することができます。

 

そしてどうなるかに関しては、そのままの状態を放置し続けることで、更に機能が低下して全身に影響が出てくる可能性が高くなる、状態がますます悪化していくと言うことができます。

 

では肝臓の数値の種類、それが意味するところをいくつか見ていきます。

 

まずはγ-GTPと呼ばれる数値です。これは肝臓においては、特にアルコールの分解に対して大きな作用を持っている酵素です。

 

またタンパク質の分解、合成に対しても作用を持っています。よってこの数値が高い場合には、アルコール摂取量が多いことが疑われ、それによる肝障害が発生している場合もあります。

 

また脂肪肝が発生している場合もあるので、そのまま放置しておくと、肝機能が完全に低下してしまうリスクもはらんでいます。それからLDHと呼ばれる数値です。これは糖質をエネルギーに変換するのに重要な役割を果たしています。

 

よってこの数値が高い場合には、肝臓の機能がかなりの障害を受けていると判断できます。急性あるいは慢性の肝炎や肝硬変、肝臓がんなどが疑われます。これらの病気もやはり放置しておくと危険で、また時には命の危機に直結する恐れもあります。

 

加えてこうした肝臓の数値は、実は肝機能だけでなく、他の臓器の異常を知らせていることもあります。

 

肝臓は沈黙の臓器と言う異名を持っており、その異常が、初期の段階では非常に見抜きづらい臓器です。だからこそ、肝臓の数値が高かった場合には、その時点でより精密な検査や治療を受けることが重要です。