アルコールと脂肪肝のメカニズムとは?

肝臓の機能には、大まかに分類すると、解毒と、代謝、分泌という3つの働きがあります。

 

解毒という機能はアルコールなどといった身体に害がある物質が身体の中に取り込まれた場合に無毒な状態にする働きのことで、代謝という機能は、腸から吸収した栄養を身体の中で消費することができる状態に変える働きのことで、分泌という機能は腸の中で消化液の役割を果たす胆汁を分泌する働きのことになります。

 

これらの働きが、脂肪肝を発症するかどうかに大きな関わりがあります。
アルコールは身体の中に取り込まれると、一旦、小腸や、胃に吸収され血液に溶け込み、そのおよそ9割ぐらいが肝臓に運ばれていきます。

 

残りのおよそ1割ぐらいについては身体の中で代謝されていない状態のまま、尿や、汗などといった形で排出さることになります。

 

肝臓に届けられたアルコールは、肝臓の中で無毒な状態に変化させるメカニズムとなっています。
このプロセスで主に機能を発揮するのは、アルコール脱水素酵素とも呼ばれるADHと、アルデヒド脱水素酵素とも呼ばれるALDH2という酵素になります。

 

最初に、ADHが、アルコールをアセトアルデヒドという、まだ毒性がある物質に分解します。
それから、ALDH2が、アセトアルデヒドを酢酸という毒性がない物質に変化させて、やがて炭酸ガスと、水に分解されて身体の外側に排出されるというメカニズムになっています。

 

お酒を飲み過ぎて顔が赤らんだり、頭が痛くなったりする現象は、肝臓の中でアセトアルデヒドが充分に分解されていない状態であることが原因として挙げられます。

 

アルコールを繰り返し過剰に摂取してしまうと、脂肪が分解される働きをアセトアルデヒドが抑えてしまい、中性脂肪の材料となる脂肪酸が合成させる作用が高まるので肝臓の細胞の中に中性脂肪が蓄積されて、脂肪肝が発症しやすい状態になってしまいます。

 

そして、脂肪肝が悪化してしまうと、肝がんや、肝硬変などといった深刻な病気を発症するリスクが高まってしまいます。