なぜお酒を飲むと肝臓に負担がかかるの?

お酒は肝臓に悪いということは知っていても、なぜ肝臓に負担がかかるのかを知っている人はあまり多くないと思います。
お酒を飲む事と、肝臓は深い関係にあります。
その事は、なんとなくは分かってはいるけれど、一体どうしてなのでしょうか?

 

なぜ、負担がかかってしまうかというとお酒に含まれるアルコールと肝臓の働きが理由です。
アルコールは体内に入ると胃や小腸から吸収されて血液に入ります。吸収されたアルコールの約90%は肝臓で無毒化されます。

 

この工程で活躍するのがアルコール脱水素酵素とアルデヒド脱水酵素という酵素になります。アルコール脱水素酵素がアルコールを毒性のあるアセトアルデヒドに分解され、その後にアルデヒド脱水素酵素がアセトアルデヒドを無害な酢酸へと変化させて全身を巡った後に水と炭酸ガスに分解されて体外に排出されます。

 

アルコール摂取後に頭が痛かったり、顔が赤くなるなどの症状が出るのはアセトアルデヒドが十分に分解されていないためです。
これはアルコールを過剰摂取してしまうことで起こる状態で、これを繰り返すことによってアセトアルデヒドが分解されるはずの脂肪の分解も抑制してしまうのと同時に、中性脂肪の元となる脂肪酸の合成を高めることで肝細胞内に脂肪が溜まりやすくなってしまい、内臓脂肪となってしまいます。

 

この状態を肝脂肪といい、放っておくと肝硬変やがんなどの命に関わる病気につながってしまうこともあります。

 

アルコールの過剰摂取が原因で肝臓に負担がかかってしまいますが、脂肪肝になりやすいアルコールの量としては1日3合程度の日本酒を2?3年程度毎日続けることは危険だとされています。体質によってアルコールへの耐性は異なるため、お酒に弱いという人が飲み続けてしまうと発生率が5?10倍になる可能性も考えられます。

 

また、強いからといって毎日飲み続けるのも病気のリスクが高まります。

 

このため、お酒を飲む場合には少量にする、休肝日を週に2?3日作るなどの対策を行うことで肝臓の負担を減らして、病気のリスクを低下させることが健康には大切です。