タウリンとオルニチンパワーでお酒に勝つ!


お酒をたくさん飲む人には、牡蠣に含まれるタウリンや、しじみに含まれるオルニチンという成分が良いとされています。
なぜなら、タウリンやオルニチンには、肝臓の働きを助ける作用があるからです。

 

お酒が好きな人や、接待などでお酒を飲まなくてはいけない。でも数値が気になる・・・という人には、タウリンやオルニチンを効果的に摂れるサプリがおすすめです。

人気のある肝臓に良いサプリをご紹介

レバリズム-L

レバリズム-Lは、肝臓の働きをサポートするサプリメントです。
牡蠣エキスから抽出されたタウリンや、しじみエキスから抽出されたオルニチンを始め、肝臓の解毒作用に重要なグルタチオンを作るアミノ酸などが豊富に含まれています。
満足度97%のレバリズム-Lは、成分は全て国産に拘っているので、安心して利用できるという点も人気が高い秘密なのかもしれません。
肝臓の負担を減らして、有毒物物質や中性脂肪を排出し、健康ライフを目指したい人に、イチオシです。

 

  

価格 内容量 評価
初回モニター価格980円 1日あたり3粒/約30日分・90粒入り タウリン,オルニチン,サプリ,ランキング,しじみ,牡蠣

やわたの「しじみの力」


やわたの「しじみの力」は、話題のオルニチンを始め、有用成分のアミノ酸、特に生命維持に欠かせない必須アミノ産が含まれています。
モニターアンケートでも94%の実感力を誇るサプリメントです。
夜のお付き合いの前や、お酒を飲んだ次の日の二日酔いに!

 

 

価格 容量 評価
初回半額1080円(※定期購入) 10包入り(5粒×10包) タウリン,オルニチン,サプリ,ランキング,しじみ,牡蠣

肝パワーEプラス

肝パワーEプラスは、肝臓、血圧が高い方にお勧めのサプリメントです。
これまでに売上が、600万袋突破している人気商品です。肝臓の働きをサポートする牡蠣エキスや、日本人が健康の為に昔から愛されている梅干し、にんにくの栄養素をギュッと濃縮した成分が魅力。

 

 

価格 容量 評価
5袋お試し 980円 3粒×5袋

オルニパワーZnプラス


ステラ漢方のオルニパワーZnプラスは、オルニチンの含有量が業界トップクラスの800mg配合されています。
続けやすさと飲みやすさ、そして薬剤師独自のブレンドにより、栄養バランスに優れたサプリメントです。
オルニチンに加え、牡蠣やいくらなど海パワーを凝縮したサプリを、国内の限定工場で生産しています。

 

 

価格 容量 評価
初回特別価格 980円 1日4粒/30日分120粒入り

しじみエキスWのオルニチン
Wのオルニチン

Wのオルニチンは、しじみサプリの老舗として130年間にわたり多くの人に支持されているサプリです。しじみをまるごと煮出し、30時間かけて手作業でエキスにしています。
その製法は、明治15年から現在に至るまで変わらず、日本の大和しじみにこだわり本物の滋養食を作り続けています。しじみエキスを1日分あたり850mgも使用、しじみの粒でいえば55粒を使用しています。

 

  

価格 容量 評価

初回半額2450円

(※定期コース)

17g×3袋

タウリンやオルニチンのサプリはなぜ肝臓に良いと言われるの?

脂肪肝や肝炎や肝硬変への対策のために現在タウリンやオルニチンのサプリを摂取する人が増えています。タウリンとオルニチンどちらの成分も栄養ドリンクに使われていたり、しじみのお味噌汁に使われていたりと聞いたことがある人は多いでしょう。

 

実は、この2つの成分はどちらも肝臓に優しい成分です。

 

タウリンを摂取すると肝臓の働きを促進させて胆汁を分泌させてくれます。胆汁は食べ物の消化を助けるものなので食べすぎたときなどに非常に効力を発揮してくれます。

 

また、肝細胞を活性酸素から守ってくれる効果もあります。さらに、体温や血液を一定に保つ役割も果たしてくれます。肝臓の大きな役割である解毒作用にはこの恒常性がとても重要になります。

 

タウリンはどちらかというと肝臓を間接的にサポートしてくれる成分です。

 

オルニチンはタウリンとは違って直接的に肝臓に働きかけます。肝臓の働きを促すホルモンの分泌を促したり、負担をかけやすい肝臓組織を修復させる機能があります。

 

また、アルコールを摂取すると生まれるアセトアルデヒドという有毒物質を肝臓が分解するのを手助けしてくれます。要するにお酒を飲む人にとっては欠かせない成分だということです。このように、2つの成分には間接的であれ直接的であれ肝臓を助ける機能があります。

 

タウリンとオルニチンをきちんと摂取しようと思うと大変です。特にオルニチンに関しては普段の生活で摂取しようと思うのは無理な話です。

 

オルニチンは一日1000mg摂取するべきと言われています。これは生のしじみで換算すると3000個食べないといけません。

 

もっと効率よく摂取できないかと考えて生み出されたのがサプリです。サプリであれば一日に2〜3粒摂取するだけで一日に必要な量を十分摂れます。また、水さえあれば何時でもどこでも摂取出来るので仕事や家事に忙しい現代人にとっては非常にありがたいです。

 

このように、肝臓に負担がかかっていると感じたらタウリンやオルニチンのサプリを摂ることが懸命なのです。

 

トップページに戻る

 

タウリンやオルニチンはいつ飲むのが一番効果的なの?


最近は、疲労を改善したり肝臓の働きを良くしたりするのに効果があるとされる、タウリンやオルニチンが配合されたサプリメントが数多く市販されるようになっています。

 

では、これらタウリンやオルニチンは、いったいいつ飲むのが一番効果的なのでしょうか。

 

一般的に言って、タウリンやオルニチンのサプリメントは病院で処方されるような薬ではないため、いつ飲むべきかが明確に定められているわけではありません。人それぞれに効果を実感できるタイミングは幾らか異なることでしょう。

 

では基本的にはいつ飲むのが良いのでしょうか。

 

タウリンやオルニチンのサプリメントは、漢方薬などと同様、食前の空腹時に摂取するならより効果的であると言えるでしょう。

 

なぜなら、サプリメントを空腹時に飲むことによって、大事な成分をより一層吸収しやすくすることができるからです。

 

それで、タウリンやオルニチンを飲むのに良いタイミングは食後か食前かという観点で考えれば、食後よりも食前に飲むほうが効果があると言えるでしょう。

 

では、お酒を飲みすぎてしまったような場合はどうでしょうか。

 

オルニチンには、アルコールを解毒するのに重要な役割を果たしている肝臓の働きを強める効果があります。

 

そのため、仮にお酒を飲みすぎてしまったというような場合には、お酒を飲んだ直後にオルニチンを飲むと大きな効果が得られると言われています。

 

この点で、さらに付け加えるとすれば、肝臓で行なう解毒作用は、普通人が眠るとその働きが低下すると言われています。

 

それで、お酒を飲みすぎてしまったなら、できるだけ早く、それも就寝前に飲むようにするならより一層効果的であると言えるでしょう。

 

つまり、寝る直前に飲むのが一番効果的な飲み方であるというわけです。

 

さらに、翌日の朝までお酒が残っていて辛いということがあるでしょうか。そのような場合は、朝しじみのお味噌汁を飲んだ後にオルニチンを飲むようにするなら効果的です。

 

トップページに戻る

 

なぜ二日酔いになりやすい人となりにくい人がいるの?


楽しいお酒の場。
たまには、好きなだけ飲みたい時ってありますよね。
それが次の日が仕事だと分かっていても・・・

 

そして、翌朝に襲ってくる恐怖の二日酔い!
吐き気と頭痛を抱えながら、出勤するも、あれっ?同じくらいに飲んでた同僚がケロッとしてる!!

 

なんだか不公平。
どうして、二日酔いになる人と、ならない人がいるんだろう。

 

そんな疑問を持った事はありませんか?

 

遺伝が関係している

二日酔いになりやすい人と、そうでない人の差は遺伝によるものです。

 

嘘みたいな話ですが、下戸遺伝子なるものが発見されており、簡単に言うと両親ともに、強い組み合わせを持ち合わせていると、お酒に強い体質になります。
すなわち、アルコールを分解する酵素の量が多いとお酒に強いですし、酵素の量が少ないとお酒に弱く二日酔いになりやすいという訳ですね。

 

しかし、ある程度は訓練すれば多少はお酒に強くなる事もあると言われていますが、酵素が少ない人がお酒をたくさん飲む過ぎると、肝臓を悪くしてしまう恐れもあるので、間違ってもお酒が強くなる訓練なんてしない事でしょう。

 

お酒は、競い合って飲む物でも無理して飲む物でもありませんよね。
楽しくリラックスして飲むものです。

 

でも接待などで、無理して飲まないといけない事があったとしたら、肝臓を守る為にもサポートが必要でしょう。

 

例えば、肝臓の働きをサポートするサプリなどを利用するというのもひとつの方法だと思います。

 

トップページに戻る

 

お酒を飲み過ぎてしまう場合の工夫とは?


肝臓の数値に異常が出た!という人の場合は、まずはお酒を控える事が大切です。

 

お医者さんに注意されたりして、最初は気を使っていても日にちが経てば、普段と変わらずに飲んでしまう・・・
そんな人もいるでしょう。

 

それでは、どのように対処すれば良いのでしょうか?

自分のペースでゆったり飲むように心がける

このような悩みを持つ人の中には、お付き合いでお酒を飲む事が多い人だと思います。

 

お互いにさしつさされつ、グラスに注ぎ合う・・・そんなお酒の飲み方ではどうしても量は増えてしまいますし、どれだけ飲んだかを把握する事も難しいというもの。

 

そんな場合は、ウイスキーや焼酎などにして自分で飲む量を把握・調整できるお酒を選ぶようにしましょう。

 

このようにすれば、自分のペースで飲みやすくなりますし、どれだけ飲んだかも把握しやすいですね。

 

また、自分がこれくらいの量が適量と思っていても、肝臓を守る為の適量とは違うので、肝臓の数値が高い場合には、自分で意識する事が大切だと思います。
今は数値的にたいした事がなかったとしても、5年後や10年後などいずれ肝臓は悲鳴をあげるというパターンも多いので、肝臓をいたわる飲み方をしたいものですね。

 

トップページに戻る